レーザーカッターとは?その原理と加工 ~事例紹介~ | お知らせ・事例紹介

今なら、3Dフルサービスが半額になります!
(お客様の案件を弊店舗の事例紹介にさせていただくことを条件として半額とさせていただいております。)

併設のMBE 店舗で名刺、封筒、各種印刷等も承っております。詳しくはこちら

2016/11/11 レーザーカッターとは?その原理と加工 ~事例紹介~

オフィス24 スタジオでは、ハイエンド3Dプリンターで3D造形を行い、図面さえあれば3Dモデリングからご要望・ご注文をお受けすることも出来ます。特殊機器機械などの模型なども細密な特殊塗装と共に請け負うことも行っています。

 

オフィス24 スタジオ西新宿店には、文化遺産や古代遺跡を立体データでアーカイブス的に記録を残すための米国製3Dスキャナーも設置していて、ビンテージ・カーの大型アッセンブリーをリバースエンジニアリングで再現するためのお手伝いを3Dスキャナーを使い行ったりもしています。

 

当店では3D関連以外に、レーザーカッターでのお仕事もやっているんです!

本日はレーザーカッターについて、当店舗の画像や作例と共にご説明致します。

 

\今日のポイント/

★レーザーカッターとは?

●どのように入稿するの?

■何が切れるの?作れるの?

 

<オフィス24スタジオ・ケーススタディ47>

 

【画像をご覧ください】

上:機器が並ぶ店舗入り口付近

中:レーザーカッターの仕組み

下:当店のレーザー機と仕上げ後の作例

 

★レーザーカッターとは?

ーーー非接触にてアクリル板などを2次元線画の図面通りにカットするレーザーカッターですが、中の画像をご参照ください。

レーザーカッター機の中はこのようになっていて、Co2レーザ発振器で発生させたレーザー光を反射鏡を用いて導き、最後の集光レンズでレーザー光を集め、アクリル板などの材料にスポット照射することで局部的に溶融させ、そのままそのスポットを移動させて行き高精度なカットを行います。注意して作業しないと材料が燃えて無くなってしまうこともあります。実際に経験いたしました。

 

●どのように入稿するの?

ーーー3Dプリンターと同様にレーザーカッターもデジタル機です。イラストレーターによって作成された2次元線画があれば(簡単に言うと)レーザーカットが出来ます。

入稿ポイントは次の通りです。参考にしてください。

 

<イラストレーター図面データ>

 ・パスの線の太さは0.01pt

 ・イラストレーターの色モードはRGB

 ・カット線の色は Red:255 Green:0 Blue:0

 ・刻印文字入れの色は Red:0 Green:0 Blue:0 

 ・文字太さは成り行きとなります

 ・アウトライン済みで保存したもの(Illustrator CS4〜)

 

■何が切れるの?作れるの?

ーーーオフィス24 スタジオにて過去作成させていただいた作例を、いくつかご紹介しておりますのでご参考にしてください。画像と下記はその一例です。

 

レーザー作例紹介

「切り出し文字POP」

http://www.office24studio.jp/news_detail.php?id_code=101

「腕時計スタンド」

http://www.office24studio.jp/news_detail.php?id_code=80

「建築模型物添景」

http://www.office24studio.jp/news_detail.php?id_code=73

 

なお、カットする材料のお持込みは基本的にお断りしています。前述もいたしましたがものによってはレーザーカットに不適格のものもあるうえ、カットする材料によりパラメーターというカットのためのエネルギー数値設定が必須なのですが、その値はいくつかを実際にダメにしながらテストカットしてはじき出す値だからです。何卒ご了承ください。

 

作例も全てカット後に様々な加工や仕上げを施してあります。

正確にカット出来るレーザーカットを活用して、アイディア次第でいろいろなものを作ることが可能です!作例を参考に是非挑戦してみてください!作例には加工代金を掲載してあるものもあります。

 

あなたもレーザーカット、3D造形、3Dモデリング、細密塗装などのニーズの際は是非ご検討ください。ご相談などもお待ちしています!

 

オフィス24スタジオ スタッフ一同


前の記事へ>