3D技術を駆使しキャラクターフィギュア造形に挑戦!2 ~事例紹介~ | お知らせ・事例紹介

今なら、3Dフルサービスが半額になります!
(お客様の案件を弊店舗の事例紹介にさせていただくことを条件として半額とさせていただいております。)

併設のMBE 店舗で名刺、封筒、各種印刷等も承っております。詳しくはこちら

2016/09/26 3D技術を駆使しキャラクターフィギュア造形に挑戦!2 ~事例紹介~

当店では3Dスキャン撮影から作成する人物リアルフィギュア作成を承っております。

今回は実際の人でなく、ミニチュア宇宙飛行士おもちゃから、3Dの技術を駆使し

キャラクターフィギュアの造形に挑戦!

これはその2で、完成した宇宙飛行士をご覧に入れます!

 

\ここがポイント/

★3Dスキャナーがダメなら3Dモデリング

●色が付かないUVレジンは超細密!

■当店ならば塗装を施すことが可能です!

 

<オフィス24スタジオ・ケーススタディ44>

 

【はじめに】

結果的に「3D技術を駆使しキャラクターフィギュア造形に挑戦!」は簡単では無く、3Dスキャナーがダメなら3Dモデリングで…となりました。

途中何回かTwitterでご紹介しましたがおもちゃを3Dスキャンし3Dモデリングし、UVレジンとフルカラー石膏で3D造形するまでをまとめた、その2です!

 

 

【画像をご覧ください】

上:UVレジン&フルカラー石膏   3D造形完成!

中:当店の2機種の3Dプリンターと造形物

下:超細密な色無しUVレジンには塗装を施す!

 

 

★3Dスキャナーがダメなら3Dモデリング

ーーー夏から作業の合間を見つけては作業した3D技術を駆使しキャラクターフィギュア造形に挑戦ですが、おもちゃそのものはある程度重さもあり、表面も光っておらず、且つ自立するので回転テーブルの上に置いてスキャンする構造の当店の3Dスキャナーならば順調に立体データの取得作業が行けると思っておりましたが、今回は取れたデータ量が大き過ぎ断念。結果3Dモデリングでやる事になり、色合いや色分け特徴は別途スチール撮影した画像が多くありましたので、フルカラー3Dモデリングも可能となりました。

 

他の事例紹介でもご紹介しておりますが、3Dスキャナーは万能では無いので創意工夫で乗り越えたと思っております。

 

 

●色が付かないUVレジンは超細密!

ーーー3Dモデリングし、立体データの書き出しは2種類。UVレジン造形用にSTLデータ、フルカラー石膏造形用には表面の色/色分け情報を入れたOBJデータです。

画像からでは分かりませんが、色が付かないUVレジンは超細密で、フルカラー石膏の6倍以上の細密さの積層で3D造形を行います!

その結果、3Dモデラーの細かい立体ディテールは、くっきり&はっきり造形出来ることになります。石膏に比較し強度もありますが、唯一の欠点は色が付かないことです。

当店に比較用の3D造形サンプルを常設しておりますので是非ご来店いただき手に触れてお確かめください。

 

 

■当店ならば塗装を施すことが可能です!

ーーー超細密なUVレジン造形物には石膏のように色が付きませんが、塗装専門の担当が塗装を施すというアナログな方法があります!当店ならば3D造形物を熟知した担当モデラーが塗装を施すことが可能です!

下の画像は女性キャラクターモデルです。エナメルの赤い靴のみ光沢仕上げにし、肌が露出している部分は全てマット仕上げの塗装にしています。このような光沢/半光沢(マット仕上げ)もアナログな塗装方法であれば可能になります!

 

今後、UVレジン造形物に実際に塗装した事例をご紹介して行く予定です。

ご期待ください!

 

 

あなたも塗装された3D造形物ニーズの際は是非ご検討ください。

ご相談などもお待ちしています!

 

オフィス24スタジオ スタッフ一同


前の記事へ>